topimage

2017-04

女神の贈り物は - 2015.12.24 Thu

R0012056 (200x200)


「女神の贈り物は、遠くにいるひとを
なつかしくおもいださせ、
はなればなれになった心を
ふたたびひとつにむすびます。
光は海に、ねがいは空に。
ジュエルの日にさいわいあれ」


ジョナ 『光のカケラ』p.102

どこへいっても - 2015.12.11 Fri

R0011966 (200x200)

どこへいっても、ジュエルの歌が、
エンドレスで鳴っている。
オルゴールをのみこんじまったクジラみたいに、
そのメロディがどこまでもどこまでも
つきまとってはなれない。


テール 『光のカケラ』p.50

☆作者メモ 
冬至のあとの最初の満月。
今年のジュエル祭は12月25日ですね。

そうだ、ジョナを - 2015.03.31 Tue

R0025505 (200x200)

そうだ、ジョナを「うち」につれてってやろう、
とおもう。それが、どこにあるのか、
どんな家だか知らない。でも、おれたちは、
そこに「ただいま」といってかえっていくんだ。
あかりのつく、あったかい家に。
いつか。ずっとさきに。かならず。


テール 『光のカケラ』p.168


さすがだ - 2015.03.01 Sun

R0012291 (200x200)

「さすがだ、フルヤ・サンゴロウ。
みごとなコントロールだね。
ぼくの力では、あなたの心はよめない」

マーレ 『光のカケラ』p.148

☆作者メモ 
マーレと、『シナモン・トリー』のバジルは、かなり近い。
バジルは、『スターズ』のショーとほぼ同じだけど、
そのわりにマーレとショーは似てないのが不思議だ。

でも、おれには - 2015.01.29 Thu

2011081620050000 (200x200)

でも、おれには届ける責任がある。
たとえとどけられなくても、
この荷物をまもる責任がある。
それが仕事だ。


テール 『光のカケラ』p.69

☆作者メモ 
好きな仕事だからこそ言えるせりふ。
「誇り」も「責任」も、すべて「好き」から生まれる。

合言葉は「とりあえず」だ - 2015.01.23 Fri

R0017174b (196x196)

合言葉は「とりあえず」だ。
とりあえず、いまやることをやる。
あとのことは、あとだ。 
    
テール 『光のカケラ』p.32 

☆いるかさん
初めてこの言葉を聞いたとき、なんとなく心に残っていたのが、
いつしか、すごく心強い言葉になりました。
あと、テール君らしいなって思います。


☆作者メモ
わあ。いま、それ、自分に言ってる。




そろそろこのへんでテール語録も混ぜてみようかと。
「これも!」というのがありましたら、
閑猫堂までメッセージかメールでお寄せください。
サンゴロウ語録もまだ終了ではありません。

なんの罪で - 2014.12.22 Mon

R0011503 (200x199)

「なんの罪で逮捕する?」

『光のカケラ』p.135


☆作者メモ 
今冬のジュエルの祭(冬至のあとの最初の満月)は
年明けて1月5日になるようです。

運命なんてものは - 2014.11.12 Wed

DSC_3533 (200x200)

「運命なんてものはないさ。
ぐうぜんがあるだけだ」

『光のカケラ』p.161

☆作者メモ 
「偶然」は「波」といってもいい。うまく乗れば乗り切れる。

みょうなところで - 2014.10.03 Fri

IMG_4228 (200x200)

「みょうなところで会ったな」

『光のカケラ』p.73


☆作者メモ 
まったくだよね。

知ってるさ。三滴で - 2014.09.27 Sat

IMG_5040 (200x200)

「知ってるさ。
三滴で、あんたを殺せる」

『光のカケラ』p.142

☆作者メモ
ここだけ書くと怖いなあ。
はるばると『青いジョーカー』からつながってくる話。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

黒ねこサンゴロウ

発刊20周年記念企画です。シリーズ中から好きな言葉をピックアップ。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (1)
語録 (141)
旅のはじまり (5)
キララの海へ (12)
やまねこの島 (8)
黒い海賊船 (13)
霧の灯台 (12)
ケンとミリ (5)
青いジョーカー (14)
ほのおをこえて (14)
金の波銀の風 (5)
最後の手紙 (14)
ドルフィン・エクスプレス (9)
三日月ジョリー (4)
流れ星レース (10)
波のパラダイス (3)
光のカケラ (13)
このサイトについて (1)
untitled (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

profile

流砂(rusa)

Author:流砂(rusa)
伝言は海岸通り6番地の
サンゴ屋にあずけておく

検索フォーム

counter