topimage

2017-05

風の気分、波の気分 - 2015.02.02 Mon

DSC_4258 (200x200)

風の気分、波の気分。
ぼくは、この船がすきだ。
それから、親分のことも。
すごく自由で、すごくたのしく、すごくこわい。

イカマル 『黒い海賊船』p.125

☆作者メモ 
「すごくこわい」が入ってることがポイント。

どんなわるい条件でも - 2014.12.30 Tue

caa51d4f4b5a8(200x200).jpg

どんなわるい条件でも、ひとりでやっていける船。
そうでなければ、意味がない。
しずむときだって、ひとりだ。

『黒い海賊船』p.81


☆作者メモ 
こうキッパリ言われてしまうと隙がなさすぎて困るんですが。



左の「カテゴリ」に各巻のタイトルを追加しました。
どうも「検索フォーム」がちゃんと機能してない気がするので。
これで過去記事がいくらか見やすくなるかなと思います。
ゆきうさぎさん、コメント追加させていただきました。

あきらめがよくなきゃ - 2014.12.26 Fri

DSC_2855 (200x200)

あきらめがよくなきゃ、海賊にはなれない。

『黒い海賊船』p.114

☆作者メモ 
根拠は特にないです。いま読むと逆のような気もする。

ざんねんながら - 2014.12.11 Thu

DSC_4173 (200x200)

「ざんねんながら、船酔いするたちなんでね」

『黒い海賊船』p.10

☆作者メモ 
この巻の冒頭部分は、なにか気持ちがざわざわする。
サンゴロウ本人も認めているけど、こういうことを言わせたのは
よくなかったと作者もちょっと反省している。

おれにことわりなしで - 2014.12.01 Mon

R0011523 (200x200)

「おれにことわりなしで船に他人をのせるな。
こんどやったら、ただじゃおかない」

『黒い海賊船』p.79

☆作者メモ 
「おだやかな声」で言うところがこわいですね。

イカマル、でてこい - 2014.10.10 Fri

IMG_4225 (200x200)

「イカマル、でてこい」

『黒い海賊船』p.16

☆わかにゃんこさん(小5)
お母さんと「イカマル、でてこい」ごっこをよくやります。

☆作者メモ
いいね! さては毎朝たたき起こされてるな?

ふざけるな - 2014.09.29 Mon

DSC_2863 (200x200)

「ふざけるな、といってやれ」

「そんな旗、ないですよお、親分。
危険物運送中、ってやつでもあげときますか」
オーケー。こんなとき、じょうだんが
いいあえれば、上できだよ。

『黒い海賊船』p.89

☆はやしばさん
イカマルくんがでてくると会話がコミカルになって楽しいんですよね。

☆作者メモ 
「停船せよ」と…
05501201A.jpg

「危険物運搬中」 
05500201A (100x95)



こんど、おれとくんで - 2014.09.02 Tue

IMG_4169 (200x200)


「こんど、おれとくんで、海賊をやらないか。
もっとうまくやれる。かせげるぞ」


『黒い海賊船』p.116


☆作者メモ
二人組で襲える船は小さい船だからたいして稼げないけど、 
ブッチとサンダンスみたいなのも悪くないなと一瞬考える。

ついてくるなら - 2014.08.29 Fri

IMG_0330 (200x200)


さあ、ついてくるなら、こいよ。

『黒い海賊船』p.94


☆ちべさん
小5の娘とともに、今夏はサンゴロウシリーズの虜になりました。
『黒い海賊船』はサンゴロウらしさが満載で、何度読んでも飽きません。

☆作者メモ
たぶん生まれて初めて書いた「活劇」ではないかと。

たぶん、おれは - 2014.08.16 Sat

R0025382c.jpg


たぶん、おれは、あんまり
じぶんに正直じゃないのかもな。


『黒い海賊船』 p.12


☆作者メモ
サンゴロウほど「自分に正直に」生きている人はいないと思うけれど、
気分の浮き沈みがけっこうあることに気づいた。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

黒ねこサンゴロウ

発刊20周年記念企画です。シリーズ中から好きな言葉をピックアップ。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (1)
語録 (141)
旅のはじまり (5)
キララの海へ (12)
やまねこの島 (8)
黒い海賊船 (13)
霧の灯台 (12)
ケンとミリ (5)
青いジョーカー (14)
ほのおをこえて (14)
金の波銀の風 (5)
最後の手紙 (14)
ドルフィン・エクスプレス (9)
三日月ジョリー (4)
流れ星レース (10)
波のパラダイス (3)
光のカケラ (13)
このサイトについて (1)
untitled (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

profile

流砂(rusa)

Author:流砂(rusa)
伝言は海岸通り6番地の
サンゴ屋にあずけておく

検索フォーム

counter