topimage

2015-02

帆をあげて - 2015.02.28 Sat

nisnina (2) (199x200)

帆をあげて、港をでていく船みたいだな。
また、ひとりでいくのか。
こんどは、どこへいくのか知らないけどさ、
おまえが元気なら、それでいいんだ。

元気なら、それで、いいんだよ。


ナギヒコ 『やまねこの島』p.156

いまは「いま」しかない - 2015.02.27 Fri

R0022688b (200x200)

いまは「いま」しかない。
目にもとまらないはやさで流れおちる
ストップウオッチの数字。
フル回転するエンジンの熱。
うごいていること、とまらずに
うごいていることが「いま」なんだ。


テール 『ドルフィン・エクスプレス』p.22

ねえ、サンゴロウ - 2015.02.22 Sun

R0011341 (200x200)

「ねえ、サンゴロウ、
あんたみたいなひとに、
あたしがだませる? どう?」


シーナ 『青いジョーカー』p.98

これでも配達の仕事が - 2015.02.20 Fri

R0016361b (200x200)

「でも、これでも配達の仕事がすきなんだ。
とどけて、よろこばれるだろ。
みんな待っててくれるだろ。
それがすきなんだ」


ヨク 『流れ星レース』p.40 

☆作者メモ 
ヨクも、とっても性格のいい奴。

テールとヨクの名前を考えたのは、作者じゃなくて、小学生男子。
クル・テールと、スカイ・ヨク、だっけ?
架空の野球チームの選手の名前だったのを、そのまま拝借。
テールが「栄光の4番」なんて言っているのは、その名残なので、
「よんばん」ではなく「よばん」と読んでください。


なにいってるんだよう - 2015.02.18 Wed

R0011549 (200x200)

「なにいってるんだよう、若いもんが!
自信なんて、あんた、こけとおんなじだよ。」


「年をとりゃ、そのうちひとりでにつくもんなのさ。
そこらの石垣みてごらん。
いまから自信なんかもってどうするんだい」

とらねこおばさん 『流れ星レース』p.100

☆作者メモ  
"Like a Rolling Stone" さりげなく名言。 
テールにとって、売店のおばさんは、
サンゴロウにとってのサンゴ屋に近い存在だろうか。
1巻の最初から出てきて、ほぼ全巻に顔を出しているのに、
おばさんの絵が一枚もないとは!

こんどはこっちのばんだ - 2015.02.17 Tue

R0012300 (200x200)

「こんどはこっちのばんだ。
二週間、入院させてやるからね。
かくごしろ」 


ナギヒコ 『やまねこの島』p.151 

☆作者メモ 
先生、かなり本気で怒っている。

お客さん。 - 2015.02.15 Sun

R0012252 (200x200)

「お客さん。うちの店であばれると、
つぎから出入り禁止にするよ」


ファンさん 『波のパラダイス』p.72 

☆作者メモ  
マイナーなキャラを選んでるな。わざと。 

いいよね、テール - 2015.02.13 Fri

R0023653 (320x240)

いいよね、テール……
またこんどが、たのしみだもん、ねっ?

ジョナ 『流れ星レース』p.116

☆作者メモ 
ジョナは、ほんとにいい子だな。
これまで書いたものの中で、いちばん。

なにかが必要なんだ - 2015.02.11 Wed

R0023690 (320x240) (200x200)

なにかが必要なんだ。
なにか、もっとべつのものが。
借り物じゃなく、ニセモノでもなく、
ちゃんとつかえるもの。
自信をもって、はっきりと、
じぶんのものだといえるもの。
たとえば……じょうぶなつくりの
ふたり乗りのヨット、みたいなものが。


テール 『ドルフィン・エクスプレス』p.118

ねえ、だいじなものって - 2015.02.10 Tue

R0011523 (200x200)

「ねえ、だいじなものって、
わすれてて、おもいだしたときに、
はじめて、どんなにだいじかってことが
わかるんじゃないかしら」


リン 『波のパラダイス』p.145 

☆作者メモ 
このせりふがオール「ひらがな」になってるのは
作者の意図したものではありません。偶然。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

黒ねこサンゴロウ

発刊20周年記念企画です。シリーズ中から好きな言葉をピックアップ。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (1)
語録 (141)
旅のはじまり (5)
キララの海へ (12)
やまねこの島 (8)
黒い海賊船 (13)
霧の灯台 (12)
ケンとミリ (5)
青いジョーカー (14)
ほのおをこえて (14)
金の波銀の風 (5)
最後の手紙 (14)
ドルフィン・エクスプレス (9)
三日月ジョリー (4)
流れ星レース (10)
波のパラダイス (3)
光のカケラ (13)
このサイトについて (1)
untitled (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

profile

流砂(rusa)

Author:流砂(rusa)
伝言は海岸通り6番地の
サンゴ屋にあずけておく

検索フォーム

counter