topimage

2017-05

オレはな、あんたが - 2014.07.26 Sat

IMG_0017 (320x242)


「オレはな、あんたがゆるせない。
じぶんの思うとおりに生きるって、
あんたはいつもいうよな。
わがままだとおもわないか?

(中略)
じぶんだけ、すきなようにのんびりくらして、
それで自由かよ?」


『最後の手紙』(p.113)


☆ことりさん
とてもシビアなセリフだと思うので、正確には好きというより
一番印象に残ったセリフといっていいかもしれません。
小学生の時に初めてサンゴロウを読み、それから人生の
ちょこちょことした節目に読み返しては
「あぁ~、この“オレ”の言葉は本当に重いし読んでで辛くなるんだけど
心に残っていいよなぁ」と毎回思っていました。
サンゴロウはクールで、苦労しつつも最終的にはひょいっと
飛び越えていける強さ(身軽さかもしれません)を持っていて、
そこがすごくかっこよくて大好きなんですけど、そういう生き方をしたせいで
傷つけてしまった誰かがいるんだなと思うと胸がヒリヒリします。
だけどこういった心にずしんとくるセリフや魅力的なキャラクターたちのおかげで
今でもサンゴロウが大好きでたまらないです。
サンゴロウに出会えて本当によかった。


☆作者メモ
ネタバレになってしまうかと思いましたが、
これをごらんになる方はたいてい読んでおられるでしょうから・・
これもサンゴロウの言葉として、入れておきます。

シリーズは10巻で終わるということが決まっていたため、
最後はなんだか自爆的な終わり方になっている。
どうやら、本来の読者が「子ども」であるということを、
(少なくとも、当初はそうだった、ということを)
『旅のはじまり』ではまだ意識していたと思うけれど、
ここまで来たら完全に忘れてしまっている様子。

港? そうだよ «  | BLOG TOP |  » 自由になること

黒ねこサンゴロウ

発刊20周年記念企画です。シリーズ中から好きな言葉をピックアップ。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (1)
語録 (141)
旅のはじまり (5)
キララの海へ (12)
やまねこの島 (8)
黒い海賊船 (13)
霧の灯台 (12)
ケンとミリ (5)
青いジョーカー (14)
ほのおをこえて (14)
金の波銀の風 (5)
最後の手紙 (14)
ドルフィン・エクスプレス (9)
三日月ジョリー (4)
流れ星レース (10)
波のパラダイス (3)
光のカケラ (13)
このサイトについて (1)
untitled (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

profile

流砂(rusa)

Author:流砂(rusa)
伝言は海岸通り6番地の
サンゴ屋にあずけておく

検索フォーム

counter